注目!芸能情報

「注目!芸能情報」は芸能ニュース・芸能人・有名人の噂を紹介するブログです。 2chの芸能話題を『まとめ』てお届けしています。

指原莉乃が嫌いな業界人「めちゃめちゃ雑なんだよ、あの人!」

Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 13:09:22.18

9日放送の「土曜 あるある晩餐会」(テレビ朝日系)で、HKT48の指原莉乃が、嫌いな業界人を告白した。

番組では情報番組の裏側を特集し、芸能リポーターが業界の事情を明かした。その中で指原が「私、ひとりめちゃめちゃ嫌いな人がいる」と、嫌いなリポーターがいると明かす。司会でお笑い芸人・今田耕司が理由を尋ねると、指原は「スキャンダルを雑にイジってくる」と述べた。

お笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子が「おじさんじゃない?」と尋ねると、指原は「そう!」と肯定。共演者らも心当たりがあるようで、指原が嫌いなリポーターの特定が始める。

男性の特徴をまとめると、中年でカラーコンタクトを着用し、ボサボサ頭で暗い色調のネルシャツを着用することが多いようだ。

芸能リポーターの長谷川まさ子氏も、思いあたりがあるようで「それは芸能ディレクターです」と指摘。同じく芸能リポーター・あべかすみ氏が、テレビ局が取材費を払えない場合、ディレクター自らが取材現場に出向く場合があると補足する。

今田が「現場で荒くイジっても後で自分で編集できる」と、男性が失礼な理由を解説すると、指原は「めちゃめちゃ雑なんだよ、あの人!」とうんざりした顔をしていた。

2017年8月20日 11時32分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13496131/



続きを読む

真木よう子が女優廃業危機wwwwww

鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 11:34:43.43

 人気女優の真木よう子(34)が、絶体絶命のピンチに陥っている。現在、主演を務めるドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)が打ち切りになるばかりか、女優廃業の危機を迎える可能性が高いというから驚きだ。実は、真木主演の同ドラマは、今月17日に放送された第6話の平均視聴率が3・7%とワースト記録を更新した。だが、ピンチの原因は、この低視聴率ではないというから事態はより深刻。いったい真木は、どんなマズいことをやらかしたのか――。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

「彼女のしたことは、ビデオリサーチ社の“資産”を侵害したに等しいんです。本人は軽い気持ちでつぶやいたのでしょうが、フジテレビの対応を見たら、その重大さ、深刻度が分かります」(フジ関係者)

 真木は何をつぶやいてしまったのか!? 問題のつぶやきは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日のことだ。

「真木はその14日のうちに、『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

 しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

 実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らが、ガン首を揃え東京千代田区のビデオリサーチ社本社訪れ謝罪までしているのだ。

「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、問題はその後だ。今回の真木のツイッター事件は瞬く間にテレビ界のみならず、芸能界や広告業界にも広まってしまった。

「視聴率が3%台になったことで、スポンサーはもう降りたくて仕方がない。真木のこの不祥事をチャンス!とばかりにスポンサー降板をフジに申し入れたんです。結果、当初、10回予定のドラマですが7〜8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われています」(広告代理店関係者)

 また、女優・真木に対するテレビ&芸能界の評価もダダ下がりだとも。

「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

 フジテレビとドラマに対する“愛”を見せたばかりに、とんだ目に遭ってしまった真木。もっとも、「視聴率を勝手に書き込んではいけない」という業界のルールを教えていなかったとしたら、事務所にも責任があるといわざるを得ない。

2017年08月20日 11時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/newsflash/738108/



続きを読む

松本人志がフジテレビに激おこぷんぷん丸wwwwww

  2017/08/20(日) 12:42:37.89

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/20/0010478652.shtml

ダウンタウンの松本人志が20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系、日曜、前10時)に出演し、
15日に自身がツイートした「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」という内容について、言及した。
前週13日の放送で、「女性セブン」に報じられた上原多香子のかつての不倫疑惑についての発言がカットされ、
「フジテレビには怒ったんですよ」と語った。

 先週の放送では後輩芸人の雨上がり決死隊・宮迫博之の不倫報道についても取り上げ、
笑いも交えながら松本らそれぞれの出演者がコメントした。しかし、松本としてはインターネットを中心に世間の感心として、
「上原多香子のニュースの方が興味は全然ある」と感じていた。

 ただ、収録の際にフジテレビ側からは上原の話題について「扱うのはなしにしてほしい的な」申し出があり、
松本も「そういうの嫌やからと。触れようやと。触れないと恥ずかしいで。『ワイドナショー』ってそういう番組で俺はありたいと思う」と反論。
女性セブン1誌しか扱っていないことや、本人がコメントしていないことを理由に局側は渋っていたという。

 結局、局側と相談した上で「当たり障りのない」内容として、「ちょっとこれはサスペンスと、いろんなことが入り乱れているから、
もうちょっとはっきりしてからもう1回扱った方がええのかもね」との発言をしたが、最終的に局側から「カットしていいですか」と言われ疑念が爆発した。

 「何でなん?と言ったら、『上原さんの件はフジテレビでは扱わないことになりました』。何じゃそらでしょ」と憤る松本。
さらに後日、同局系の「とくダネ!」でこの話題が取り上げられたことも不信感に拍車をかけたという。

 「僕はやっぱりこの番組はそうじゃないようにいきたいし、この番組のファンの人って、そういうことから逃げない『ワイドナショー』やと思ってほしいし、
してきたと思うんですよ」と持論を展開。「そこは貫かないと絶対損だし、この番組にとっても良くないし、
フジテレビにとっても良くないと思う」とフジテレビの姿勢に強く反論した。

 「僕はフジテレビを愛すがゆえに言ってるのに、なぜかフジテレビ側から若干、足を引っ張られるという。
不可解な。こういうのは本当にやめてもらいたいなと」と提言した松本。自分自身についても
「もちろん自分に何かあった時は逃げずにコメントしないといけない」と誓った。
最後に「僕が一番言いたいのは、フジテレビさんこれからもよろしくお願いします」とまとめ、「やんのかい」と突っ込まれる笑いの要素も忘れなかったが、
終始、熱を込めた語り口調だった。



続きを読む
ギャラリー
  • 【画像】広瀬すずさんセクシーなふとももを晒してしまう
  • 橋本環奈のスタイルwwwwww
  • 【画像】15歳の前田敦子が超絶かわいいwwww
  • 【画像】15歳の前田敦子が超絶かわいいwwww
  • 【画像】15歳の前田敦子が超絶かわいいwwww
  • 【画像】有村架純さん、とんでもないお姿になる
  • 【映画】日本文化を消し去るハリウッド版『デスノート』がなぜ差別と批判されるのか、制作陣は何も理解していない
  • 元カツーンの赤西仁の現在wwwwwwww
  • 元カツーンの赤西仁の現在wwwwwwww
  • 元カツーンの赤西仁の現在wwwwwwww
QRコード
QRコード
最新コメント
相互リンク募集中です!

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ